芸能界の鷹党も歓喜!武田鉄矢「ご苦労さま」、藤井フミヤ「チーム力凄い」、上戸彩「勇気もらった」

[ 2020年10月28日 05:30 ]

ソフトバンク 3年ぶりリーグ制覇 ( 2020年10月27日 )

上戸彩
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのリーグ制覇に芸能界の鷹党も喜びの声を上げた。

 福岡出身の武田鉄矢(71)はコロナ禍で異例づくしとなったシーズンを勝ち抜いたことに「本年は、大波乱の年回り。日程の変更からパンデミック対策までご苦労さまでした」とねぎらいの言葉。公式球団歌「勝利の空へ」を手掛けている藤井フミヤ(58)は「ラストスパートの12連勝、ホークスのチーム力は凄い」と称えた。

 芸人も沸いた。間寛平(71)は「若手が頑張り主力選手も打つ時に打ち、ベテランも結果を出した。投手も最高や!」、博多華丸・大吉の博多大吉(49)は「今年ほど変則的なシーズンはなかったと思いますが、さすがの強さでございました」と誇らしげ。相方の博多華丸(50)は「ぜひ日本一まで駆け上がってください」と日本シリーズ4連覇を期待した。森脇健児(53)は「コロナの中で戦い方も変わってきたと思います、その中でのラストスパートでの連勝は圧巻でした」とガッツポーズだ。

 ソフトバンクのCMに出演中の上戸彩(35)は「ホークスの皆さまが勝ち進む姿にはとても勇気をもらいました」と感謝。HKT48の渕上舞(24)は「今年のホークスはまさにヒーローのような存在でした」と大喜びしている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月28日のニュース