サバンナ高橋、相方・八木とのコンビ結成の瞬間「4人で“グッとパー”してこうなった」

[ 2020年10月28日 11:34 ]

「サバンナ」の高橋茂雄(右)と八木真澄
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(44)と八木真澄(46)が27日深夜放送のテレビ東京「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(火曜深夜1・35)に出演。コンビ結成の秘話を語った。

 高校時代、柔道部の先輩・後輩の間柄だった高橋と八木。高橋は「八木さんがキャプテンで、あまりにもユルいから僕はその柔道部に入ってた。帯も真っ白のまま、3年間で1人も投げることなく終わった」と振り返った。

 その後2人は大学で再会し、八木が「お笑い流行ってるから、お笑いやろうや」と勧誘。高橋は「僕の友達2人と僕と八木さんの4人で“グッとパー”して、こうなった」とコンビ誕生の瞬間を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月28日のニュース