こじるり “デビューから1回もしてない”こと明かす「ろくなことにならない」

[ 2020年10月28日 15:43 ]

小島瑠璃子
Photo By スポニチ

 タレントの小島瑠璃子(26)が26日深夜放送のフジテレビ系「エンタメサーチバラエティ プレミアの巣窟」(月曜深夜1・50)に出演。“デビュー後から1回もしていない”ことを明かした。

 この日のゲストは、同局の三上真奈アナ(31)と杉原千尋アナ(24)。現在発売中で、同局女性アナウンサー17人が登場する「フジテレビ女性アナウンサーカレンダー2021~Welcome to Fujitelevision~」をPRした。

 カレンダーを製作する上で、三上アナは統括、杉原アナは衣装を担当。2人は、カレンダーに掲載する写真も選んだそうで、MCのキャイ~ン・天野ひろゆき(50)から「1枚選ぶのもなかなか大変じゃない?」と振られると「大変だった」「何千枚も撮りましたから」と苦労を語った。

 天野は、写真選びについて「カメラマンさんがいくつか出した中から選ぶわけ?」と、小島にも質問。「私は選ばない」と打ち明けた小島は「マネジャーさんが全部選ぶことにしてる」と説明。「うちのマネジャーさんが『自分の顔の好きなところとかにこだわり出すとタレントはロクなことにならない』って言って。だから、1回もデビューしてから写真選んだことないんです」と自分で写真を選ばない理由を述べていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月28日のニュース