テレ朝・弘中綾香アナ 5年前から女優適性?

[ 2020年8月10日 12:30 ]

テレビ朝日の連続ドラマ「真夏の少年~19452020」で日本兵の妻を演じる弘中綾香アナウンサー(C)テレビ朝日
Photo By 提供写真

 【牧 元一の孤人焦点】テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーが同局の連続ドラマ「真夏の少年~19452020」(金曜後11・15)に出演している。

 ドラマは、ジャニーズJr.の6人組「美 少年」が初主演する青春ヒューマンコメディー。弘中アナは現代にタイムスリップして来る日本兵(博多華丸)の妻役で、7日放送の第2話には、子役に手を引かれ、しちりんでサバを焼く華丸のもとに歩み寄るシーンがあった。

 弘中アナはテレ朝屈指の人気アナ。最近では木村拓哉が主演したドラマ「BG~身辺警護人~」に出演するなど、演技の仕事でも活躍しているが、思い起こせば、既に5年ほど前からドラマに登場していた。

 弘中アナを初めて取材したのは、2015年10月。当時は「ミュージックステーション」のサブ司会を務めていたが、ホラードラマ「アドレナリンの夜」に出演し、その撮影時に話を聞く機会があった。

 NMB48に在籍していた渡辺美優紀との共演。渡辺がバラエティー番組に出演する人気タレントの役で、弘中アナがその番組でアシスタントを務めるアナウンサーの役だった。

 渡辺とはプライベートで友人同士。以前から「ミュージックステーション」で顔を合わせており、渡辺は「弘中さんが、めっちゃ、かわいかったので、話しかけた。話してみたら、とても話しやすかったので仲良くなった」と明かし、弘中アナは「ナンパされた」と笑った。

 実は渡辺はその時、弘中アナの女優適性を指摘していた。弘中アナの演技に関して「本当にナチュラル。ミュージックステーションだと、かむのに、きょうは1回もかまなかった。いつもより輝いてた。もしかしたら女優の方が向いているのかも」と話したのだ。

 それから約5年。最近、YouTubeのテレビ朝日公式チャンネルで、興味深い動画を見た。バラエティー番組「太田伯山」の未公開トーク。弘中アナが爆笑問題・太田光からドラマ「半沢直樹」に出てきた土下座シーンの再現を要請され、チャレンジする。

 弘中アナは顔をしかめて「おー、おー」と奇声を発しながら土下座。大ウケした太田は「これはオファー来るんじゃないの!?何でもできるからね。女子アナの枠を広げてる。『令和のミヤコ蝶々』だよ」と絶賛した。

 この動画では正直、演技力の有無は分からない。ただ、度胸満点で個性豊かなことはよく分かる。もしかしたら、本当に女優適性を持っている可能性もある。出演中の「真夏の少年」で、もう少し長く濃い演技を見たいところだ。

 ◆牧 元一(まき・もとかず)1963年、東京生まれ。編集局デジタル編集部専門委員。芸能取材歴約30年。現在は主にテレビやラジオを担当。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月10日のニュース