有吉弘行 世の中で一番嫌いな“アレ”にキッパリ「自分の人生決められたくない」

[ 2020年8月10日 18:09 ]

お笑い芸人の有吉弘行
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の有吉弘行(46)が8日放送の日本テレビ「有吉反省会」(土曜後11・30)で、フリーアナウンサーの本仮屋リイナ(29)の占い談義に物申す場面があった。

 食事のメニュー、買い物、ヘアカットなど、日常生活において何でも占いで決めないと気が済まないという本仮屋。「有吉反省会」に出演したらどうなるか?を占ったところ、有吉に占いの良さが伝わることを暗示するカードが出たという。「虹のカードが出たんですけど、虹って成功の証なんです。なので(占いが)多分好きになる」と推察した本仮屋に、有吉は間髪を容れず「ならないです。僕はこの世の中で占いが一番嫌いです」と断言した。

 本仮屋は2016年に結婚。一男一女の母だが、結婚も占いで決めたという。「当時名古屋に住んでいたので、名古屋の占い師のところに行って『今すぐ結婚したいんですけど、彼は運命の相手ですか?』と聞いたら、『運命の相手で結婚はできるけど、今じゃないと思う』と言われて」と本仮屋。「京都に有名な占い師がいて当たるって聞いたんで京都にも行って。そこでは『この人は運命の相手じゃない。あなたにピッタリの人がいるから紹介します』って実在する人を紹介されて。これはインチキだと思って無視しました」と、経緯を明かした。

 本当は占いに頼りたい気持ちがあるのでは?と問う本仮屋に、有吉は「全くないですね。自分の人生ですからね。自分よりしょうもない人間に自分の人生決められたくないです。せめて自分で死にたいです」とキッパリ。さらに本仮屋が占い師は宇宙など見えない存在の言葉を借りていると食い下がると、有吉は「世界最先端の科学者たちだって宇宙の謎が解明できていません。占い師ごとに何が分かろうか」と持論を展開した。

 実姉で女優の本仮屋ユイカ(32)のこともよく占い、人生を何度も救ってきたという。「この前は『人の役に立てていない気がする』とすごく落ち込んでいて。占ってあげたら『人に助けられる運命』と出たので伝えたら『助けてもらう方でで良いのか~』って、スッキリして喜んでしました」と明かした本仮屋。これに有吉は「お姉ちゃんもちょっと頭…」と、笑いながら突っ込んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月10日のニュース