ノンスタ井上「アクタージュ」原作者逮捕にショック…「しっかりと罪を償って」連載復活に願い

[ 2020年8月10日 20:57 ]

井上裕介
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「NON STYLE」井上裕介(40)が10日、自身のブログを更新。「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載中の人気漫画「アクタージュ」の原作者・松木達哉容疑者(29)が強制わいせつの疑いで逮捕され、この日に連載終了が発表されたことを受け「しっかりと罪を償って」とコメントした。

 井上は「『少年ジャンプ』の大人気漫画『アクタージュ』が連載終了」と書き出し「原作者の方が逮捕されてしまった事で、仕方ないと言えば仕方ない事なのだが、漫画ファンの1人としては非常に残念。これから『少年ジャンプ』を背負っていく漫画だったし、内容も設定もめちゃくちゃ面白い。『アクタージュ』の2.5次元舞台も密かに楽しみにしてだけに、ショックが大きすぎる」と漫画ファンとしての胸中をつづった。

 「偉大なる漫画『アクタージュ』が、未完成のまま終わっていくのは非常に残念。今は、傷つけた相手の方を含め、しっかりと罪を償って頂きたい」とつづり「そして、いつか、いつの日か。今回、被害を受けた方、携わっている出版社の方々、そして世間が許してくれる日が来るのなら、その時は『アクタージュ』で、この先描く予定だった物語を見たいものである。1人のただの漫画ファンとしては、そう思う」と、連載の再開を願っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月10日のニュース