阿佐ヶ谷姉妹 “姉妹げんか”勃発 姉・渡辺江里子「私が悪いんです」

[ 2020年8月3日 14:29 ]

お笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」の木村美穂(左)と渡辺江里子
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「阿佐ヶ谷姉妹」が3日、月曜パートナーを務める文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」(月~金曜後1・00)に出演し、“姉妹げんか”をしたことを明かす一幕があった。

 パーソナリティーの大竹まこと(71)から「ケンカは仲直りした?」と振られ、“姉”の渡辺江里子(48)が「私が悪いんです」と言えば、“妹”の木村美穂(46)も「そう、お姉さんが悪いんです」と告白。事の発端は4日前、渡辺の朝寝坊だという。

 現在、2人は同じ建物の隣同士で住んでおり、いつも仕事の時はどちらかがドアをノックして、行く合図を出したうえで合流し、2人そろって出発するが、この日は渡辺のドアをノックしても一向に返事がなかったので、木村は合鍵を使って渡辺の部屋へ。

 その時の様子を振り返り、木村は「電気をつけっぱなしで、部屋の真ん中に大の字で寝ていたんです。カーッて言いながら。もう出る時間ギリギリで、一分の猶予もないような時間にカーッて寝ていて」と説明。かろうじて仕事には間に合ったが、今も少し引きずっているという。

 「仕事中はケンカ出来ないから機嫌を良くしていたんですけど、不愉快は不愉快でしたね。(ロケに向かう車が)パーキングで降りた時に『すいませんでした』と言って、私に野菜ジュースを一本買ってくれて、70円ぐらいのジュースですまそうとしたんですよ。全然重く考えていなくて、許せないですよ」と木村。

 これに渡辺は「今日の衣装のことでLINEをしても全然既読にならなくて。夜中に美穂さんから電話がかかってきて『怒っていたんです。4日前のことで怒ってたんです、私』と。『本当にこんな基本的なことを言いたくもないんですけど、せめてアラームを付けて寝てもらえませんか』って言われて。怒りに震えている声でね。物凄く怖かったんです」と打ち明けた。

 「まだ怒ってますよ。さそり座なんで根に持つタイプ…いつまでも根に持つタイプです」と木村。明日も早朝からの仕事があるそうで、渡辺は「本当にすいません。お騒がせしました。明日はもう絶対に迷惑をかけません」と猛反省していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月3日のニュース