有吉弘行「見損ないましたよ!」 同郷のスター“無理して広島弁”に

[ 2020年8月3日 11:07 ]

お笑い芸人の有吉弘行
Photo By スポニチ

 お笑い芸人の有吉弘行(46)が1日放送の日本テレビ「有吉反省会」(土曜後11・30)に出演。元WBA世界ミドル級王者でタレント・竹原慎二(48)に「見損ないましたよ!」とツッコむ場面があった。

 竹原は「東京に出てきて32年、本当は無理して広島弁を使っていた」ことを反省しに登場。「~じゃ」「~けぇのお」など、特徴的な広島弁を売りにしてきたが、最近は標準語に。ボクシング指導時も「最高ですね!」と迫力のある方言を口にすることはなく「忘れちゃったんですよね。どう広島弁を使ってたかなって」と話した。

 竹原と同じ広島出身の有吉。地元のスターの“無理して広島弁”に「見損ないましたよ!暴力と広島弁を売りにやってたじゃないですか!」とコメント。さらに竹原の一人称が「ワシ」から「俺」「僕」に変化していることにも「ワシだったじゃないですか。ワシはどこに行った?」と苦笑しながら指摘した。ただ、竹原の地元を愛する気持ちは変わっておらず「愛はある。広島は大好き」と強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月3日のニュース