生田斗真 公式Youtubeでのダンスは松本潤のアドバイス「思いのほかシュールになっちゃって」

[ 2020年8月3日 14:47 ]

俳優の生田斗真
Photo By スポニチ

 俳優の生田斗真(35)が3日放送の「徹子の部屋」(月~金曜後1・00)に出演。今年4月、ジャニーズ事務所の公式YouTubeチャンネルでダンスを披露することになったきっかけが「嵐」の松本潤(36)の言葉だったことを明かした。

 生田は4月16日、同事務所の社会貢献・支援活動「スマイルアッププロジェクト」の一環として、公式YouTubeチャンネルに、事務所の先輩・近藤真彦(56)のヒット曲「アンダルシアに憧れて」を口ずさみながらの軽快なステップを披露。最後は後転からの決めポーズで締め「一緒に頑張ろう」とメッセージを送り、話題となった。

 「事務所の人間から『皆さんを元気にするような動画を作ってくれませんか?』って言われて。何しようかなと思って…『詩の朗読、ちょっと地味だな』『料理をする、料理も苦手だしな』って…思い悩んでいたんですけど」と回顧。たまたま友人同士でリモート飲みを楽しんでいたタイミングだったといい、「嵐の松本もそのリモートの中にいて。『踊ればいいんじゃないの?』って」と松本からのアドバイスがダンスを披露するきっかけになったことを明かした。

 松本から「踊ったら斗真のファンの人とか喜んでくれるんじゃないの?」と言われたといい、「ちょっとやってみる!って動画を作って配信したんです」と生田。番組であらためてアップした動画を振り返り、照れ笑いを浮かべつつ、「ステイホームで『みんな体もなまっているから一緒に踊りましょう!』って。この難しい踊りを踊って、『踊れるわけないだろ!』ってものを作ろうと思ったんですけど、思いのほかシュールになっちゃって…。すみません」と苦笑した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月3日のニュース