女優の立石涼子さん死去、68歳…蜷川作品の常連、「下町ロケット」にも出演

[ 2020年8月3日 05:30 ]

立石涼子さん
Photo By スポニチ

 女優の立石涼子(たていし・りょうこ、本名凉子)さんが2日午前4時52分、肺がんのため都内の病院で死去した。68歳。長崎県出身。葬儀は近親者のみで執り行う。

 所属事務所によると昨年9月に体調を崩し、肺がんが判明。手術や投薬治療を重ねてきたが、6月ごろから体調が悪化していたという。4月にはコロナ禍で延期となった舞台「ポルノグラフィ」に出演を予定していた。

 文学座の演劇研究所を経て、76年から2014年まで演劇集団円に所属。舞台を中心に活躍し「ヘンリー四世」など蜷川幸雄さん演出作品の常連として知られた。映像の世界でも2時間ドラマや刑事ドラマに数多く出演。18年にはTBSドラマ「下町ロケット」に出演した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年8月3日のニュース