大島由香里アナ 杏の離婚報道“「一度だけなら」通用せず”の表現に苦言「3年にわたってされてる」

[ 2020年8月3日 22:05 ]

大島由香里アナウンサー
Photo By スポニチ

 元フジテレビでフリーの大島由香里アナウンサー(36)が3日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)で、女優の杏(34)と俳優の東出昌大(32)の離婚についてコメントした。

 タレントの武井壮(47)は「離婚も結婚も、人間がふつうに制度として受け入れてる当たり前のこと。離婚してたらよくない、我慢して結婚生活を続けたからいい、という話ではないと思う。みんながそれぞれの努力で決めていくこと。良し悪しじゃなくて、そういう結論をしたんだねって受け止めるだけなんで」と冷静にコメント。

 大島アナは「思ったより早く解決して、お子さんのためには一番良かったのかなと思います」と話した。しかし、番組で紹介した記事の“『一度だけなら』は通用せず”という表現に対しては「1回だけだったのかもしれないけれど、3年にわたってね、しかも子育て中、出産している中でもされているわけで。それで“一度きりの不倫”というのは、性質としては違うんじゃないのかな」と苦言を呈した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年8月3日のニュース