橋下徹氏 たかじんさんから言われた「大阪のために、とにかくやってくれ!」 約束は8年間だった

[ 2020年6月6日 14:05 ]

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が6日、関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)で、2014年に死去した歌手でタレントの故やしきたかじんさん(享年64)との思い出を語った。

 新著「人生、捨てたもんやない~やしきたかじんが遺したことば~」(扶桑社)に関連し、「たかじんさんの言葉で残っている言葉あります?」と問われた橋下氏は「大阪のために、とにかくやってくれ!」だと回答。

 司会でお笑いコンビ「ますだおかだ」の増田英彦(50)から「なんでそれをやめたんですか!?」と政界から退いたことを突っ込まれると、「たかじんさんとは8年間の約束だったんす」と明かした。

 「“8年はやってくれ”といわれたんで僕は8年でスパッとやめたんです」と説明した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月6日のニュース