大和田美帆 母・岡江久美子さん思い涙も4歳の愛娘に「あたしがいるでしょう!」と励まされた

[ 2020年6月6日 19:58 ]

大和田美帆
Photo By スポニチ

 女優の大和田美帆(36)が6日、自身のブログを更新、新型コロナウイルスによる肺炎のため4月23日に亡くなった母の女優の岡江久美子さん(享年63)への思いをつづった。

 大和田は先日、父で俳優の大和田獏(69)とウオーキングをしたことを報告。「『今』を受け止めるのに必死だった4月5月に比べて『未来』を意識するようになった6月」と気持ちの変化を感じながらも、それだけに「この先、一生会えないなんて、、、最近はそんなことを思って涙しています」とつづった。

 4歳になる長女の前で大泣きしてしまったことも告白。だが、「『泣かないで!』と言いながらわたしをぎゅっと抱きしめて『あたしがいるでしょう!』と、本当に4歳か?と思うような言葉でわたしを励ましてくれました。不思議と母に言われてるような感覚にもなり、そうだね。ワガコもいるから。私はがんばれる!そう思うことができました」と、愛娘に励まされたとし、「ワガコは母の死は理解してはいますが、きっとわたしが悲しむ姿を見たくないのでしょうね。『悲しいのではなく、大好きという気持ちで泣いてるんだよ。』と伝えたけれど、それでも心配してしまうようです。なのでなるべく一人のときに泣くようにしています」とした。

 また、ブログに寄せられたコメントに「私が気づかないだけで、人知れず悲しみと共存しながら生きてる方が大勢いらっしゃるのだ。と驚くと同時に、自分だけではないのだと励まされます」と感謝。「人の気持ちを想像して、視野も心も広く生きていきたいなぁ。まだまだ油断はできません。くれぐれもご自愛くださいませ!」と前を向く言葉で締めくくっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月6日のニュース