生田斗真 清野菜名と結婚!10歳差交際5年 いちずな愛実らせ1日婚姻届提出

[ 2020年6月6日 05:30 ]

結婚を発表した生田斗真と清野菜名
Photo By 提供写真

 ジャニーズ事務所の俳優生田斗真(35)が5日、かねて交際していた女優清野菜名(25)と結婚したことを事務所を通じて発表した。今月1日に代理人が都内の区役所に婚姻届を提出した。既に同居生活を始めている。挙式や披露宴は未定。清野は妊娠しておらず、今後も女優業を続ける。2人は15年にドラマで共演したのをきっかけに交際を開始。いちずな5年愛で、10歳の年の差を埋めた。

 2人は直筆で署名した文書で結婚を報告。新型コロナウイルスが猛威を振るう時期の結婚に「迷いもございました」と正直な思いを漏らしながら、「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え、より一層俳優業に邁進(まいしん)してまいりたいと決意致しました」とつづった。

 今月1日に結婚。前々から2人の仕事が落ち着く時期のこの日に決めていた。中止となったものの、生田は4月の1カ月間、福岡・博多座で舞台「偽義経冥界歌」に主演予定だった。一方、清野は3月まで日本テレビ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」に主演。来月17日公開の出演映画「今日から俺は!!」の宣伝活動に入る前に、私生活に区切りをつけた。

 出会いは15年1月期のTBSドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義。~」での共演。すぐに急接近し、同年8月の週刊誌で交際が明るみに出た。昨年は清野の舞台を生田が観劇した様子も報じられていた。

 結婚の意思を固めたのは2年前。すぐに所属事務所にも報告した。清野が23歳の時だった。まだ伸び盛りだが、映画関係者は「役者の先輩である生田さんからは得られるものが多い。結婚後も変わらずに女優を続けたいと考えているので、年齢は関係なかったのでしょう」と話している。

 俳優業のみで活動する生田は、ジャニーズで異色の存在。35歳の結婚は事務所内では早い方だが、テレビ局関係者は「人気が活動に大きく影響するアイドルに比べると、結婚へのハードルは低い」と説明。「交際報道に対する温かい声にも後押しされたのでは」と話す関係者もいる。

 生田はアイドルとしてデビューできなかった苦労人。舞台で地道に芝居を磨き、俳優として地位を築いた。舞台関係者は「苦労を知るだけに優しくて人当たりが良い青年。良い旦那さんになるでしょう」と話している。

 清野が10代の頃にブログで明かした好きな男性のタイプは「いちずな人」。ブレずにゆっくりと愛を育んだ生田はピッタリだ。

 ◆生田 斗真(いくた・とうま)1984年(昭59)10月7日生まれ、北海道出身の35歳。96年にジャニーズ事務所に入所。同年からNHK教育「天才てれびくん」に出演。11年に映画「人間失格」と「ハナミズキ」でジャニーズ初のブルーリボン賞新人賞を受賞。19年大河ドラマ「いだてん」では主人公の盟友を演じた。血液型A。

 ◆清野 菜名(せいの・なな)1994年(平6)10月14日生まれ、愛知県出身の25歳。特技はアクション。07年にファッション雑誌「ピチレモン」の専属モデルとしてデビュー。主な出演作はテレビ朝日「トットちゃん!」、日本テレビ「今日から俺は!!」。近日公開予定の「耳をすませば」では松坂桃李とW主演。血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月6日のニュース