橋下徹氏 批判出ない吉村府知事に「腹立ってしょうがない」

[ 2020年6月6日 13:04 ]

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が6日、関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)で、新型コロナウイルス対策に追われる大阪府の吉村洋文知事への批判が少ないことに「腹立ってしょうがない」と述べた。

 「いろんな番組出てもね、吉村さんをね、みんな批判しない。腹立ってしょうがない。僕は批判されまくってたから」と自身が知事時代に番組出演した時と比較。

 吉村知事と愛知県の大村秀章知事の論戦にも触れ、「あえて言わさせてもらうけど、大阪府知事が愛知のことに首突っ込むなと思わないすか。おかしいじゃないですか」と指摘した。

 大村知事のリコール(解職請求)運動に賛同している吉村知事に対しては、同じ日本維新の会で代表の松井一郎大阪市長は「愛知の人が判断するべきだ。知事が旗を振るのは違う」とたしなめた。これについて橋下氏は「松井さんはちゃんと(吉村知事に)言っているんです」と強調し、「本当はメディアがもっと言わないと」と呼び掛けた。

 共演者から「大村さんが発端じゃないすか。大村さんが大阪のことを出してくるから(吉村知事もモノを)言うわけで」との声があがると、橋下氏は「またそうやって吉村さんを応援する!!」と苦笑した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月6日のニュース