岡副麻希アナ、YouTuberデビュー!初回はたどたどしく自己紹介「東京に今、生きています」

[ 2020年6月6日 20:34 ]

フリーの岡副麻希アナウンサー
Photo By スポニチ

 フリーの岡副麻希アナウンサー(27)が6日、自身の公式YouTubeチャンネル「まきまきチャンネル」で、1回目の動画を投稿した。記念すべき1回目は、3分26秒で自己紹介と今後の展望を発表。「本気度を伝えたくて、正装で参りました」と、シックなグレーのジャケットを羽織っての登場となった。

 ところが、冒頭の自己紹介で、いきなりアナウンサーらしからぬカミカミぶり。「18歳まで大阪で生きていて、それからは、大学上京を…、えっと…大阪で生きていて、それから、大学入学を機に、東京に今、生きています…。東京で? “で”ですね。東京で今、生きています」と、YouTuberデビューの初々しさを垣間見せた。

 チャンネル開設の動機については、「ストレッチやエクササイズ」の動画を多く載せたいとの思いで始めたといい「みんな、心も体もハッピーになれば」と抱負。今後の詳細は未定で、自身のインスタグラムも含めてリクエストを受け付けるつもりだが、大阪出身ということで「大阪をもっと知ってもらえたらな~」と“大阪コーナー”にも色気を見せた。

 5日にチャンネル開設を発表した際には、泣き顔の写真も公開。機械での編集作業がうまくいかず、思わず涙があふれたといい、この日も「機械音痴なので、温かい目で見守って」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月6日のニュース