橋下徹氏 内閣支持率下落に「だからといって野党の支持率が伸びてない」「野党もだらしない」

[ 2020年6月6日 13:47 ]

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏
Photo By スポニチ

元大阪府知事で弁護士の橋下徹氏(50)が6日、関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜正午)で安倍晋三内閣の支持率下落についてコメントした。

 番組では新型コロナウイルスに対する後手後手の対応や、賭け麻雀で辞職した黒川弘務前東京高検検事長(63)への甘い処分をめぐり、内閣支持率は「政権維持の危険水域に」と紹介。毎日新聞の調査では27%だったことなどを伝えた。

 橋下氏は「内閣支持率がこうやって落ちたといわれるけど、だからといって野党の支持率が伸びてないんですよ」と指摘。

 「だから国民としては、そりゃいいろいろ不満はある。じゃあ、そこで政権交代なのかっていう雰囲気にも持っていけてない野党もだらしないと思ういますよ、そこは。本当はここまで来たら野党は伸びなきゃいけないのにね」と苦言を呈した。

 元衆院議員でタレントの東国原英夫(62)が「一番伸びているのが日本維新の会だもんね、やるよね~」と冷やかすと、橋下氏は「僕は関係ないすから、もう」と言いつつ笑顔。「吉村さんの活躍があって」と付け加えた。

 橋下氏は、吉村知事が副代表を務める日本維新の会の初代代表。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月6日のニュース