室井佑月 首相のイベント自粛要請に「全部、自己任せ」「補てんということを考えて」

[ 2020年2月27日 11:40 ]

室井佑月
Photo By スポニチ

 小説家でタレントの室井佑月(50)が27日、コメンテーターを務めるTBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)拡大防止に向け、安倍晋三首相が26日に大勢が集まる全国的行事を2週間自粛することを要請したことに言及した。

 自粛要請を巡っては、安倍首相が26日の衆院予算委員会で「国が判断しなければいけない。大規模な感染リスクがあることを勘案した」と説明。菅義偉官房長官は記者会見で、こうした要請の法的根拠はないとした上で「あくまで主催者に判断してもらう」と話した。前日25日に厚生労働省が「イベントなどの開催について、現時点で全国一律の自粛要請を行うものではない」との基本方針を発表しており、わずか1日での方針転換だった。

 室井は「全部、自己任せにするから、“そうしろ”じゃなくて。だからギリギリになってしまう。最後まで“どうしようか、みんなの出方見てから”ってなるから、中止とかなるのも遅くなって困る人が出てくるんだと思う」と指摘。そして「公演を中止にしたら違約金が発生するわけで、少しでもいいから補てんということを考えてくれれば、それは大勢のためにそうするわけだから国としてイベントとかを自粛しろって言うんじゃなくて、どういうふうに補てんしてくれるのか、そっちの方も大事だと思う」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月27日のニュース