大谷義夫医師 PCR検査関連法案に「これが通れば救命できる人が増える」

[ 2020年2月27日 14:13 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 池袋大谷クリニック院長で呼吸器科の大谷義夫医師が27日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。新型コロナウイルスを高精度で検出できるPCR検査について言及した。

 番組では、現在の検査状況について、26日の衆院予算委員会によると、18~24日(7日間)のPCR検査実績は計6300件(1日平均900件)だとし、厚生労働省は1日約3800件できるとしていると紹介。同予算委で検査の少なさを問われた加藤厚労相は「(医療機関から保健所に検査を)頼んだがやってもらえなかった、こういう話はある」とし、さらに「自分のところは抱えている量が限界にきているから抑制しなければならないということがあるのではないか」と回答。「検査の必要性があれば、しっかり検査をしてほしいということを重ねて通知してほしい」とも答弁した、と伝えた。また、日本医師会が26日に検査拒否について全国調査する方針を固めたことも放送した。

 大谷医師は、立憲民主党など主要野党が、検査を受けやすくするため、保健所を通さないで直接、クリニックから民間の検査会社に発注できるようにできる法案を近く議員立法で国会に提出する方針を固めたことについて「これが通れば格段に前進します。繰り返しになりますけど、これが通れば救命できる人が増えると思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月27日のニュース