三田佳子 主演ドラマで老いに“あらがう”78歳主人公と同い年「運命的なものを感じます」

[ 2020年2月27日 05:30 ]

BSプレミアム「すぐ死ぬんだから」に主演する三田佳子
Photo By スポニチ

 女優の三田佳子(78)が、5月スタートのNHKBSプレミアム連続ドラマ「すぐ死ぬんだから」に主演する。

 内館牧子氏(71)の同名小説が原作。実年齢より若く見せようと努力して、老いにあらがって必死に生きる78歳の主人公の姿を描く。三田は自身が演じる主人公と同い年で「運命的なものを感じます。こういう出合いはなかなかないので精いっぱい、頑張ってみます」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月27日のニュース