「和田誠さんを囲む会」がいったん中止 平野レミ「とても残念」 新型コロナの影響

[ 2020年2月27日 12:07 ]

和田誠さん
Photo By スポニチ

 昨年10月7日に肺炎のため死去した夫でイラストレーターの和田誠さん(享年83)のお別れ会「和田誠さんを囲む会」が新型コロナウイルス感染症の広がりを考慮していったん中止となった。3月3日に開催される予定だった。実行委員長の文藝春秋・中部嘉人社長が「新型コロナウイルス感染症の広がりを考慮して、いったん中止することに決定しました」と発表した。

 15時からの関係者の会、18時からの一般の方よる献花受付、いずれも中止となる。

 報道各社にあてたファクスでは「当日は、万が一の感染を予防するため、マスクや消毒液の用意に加え、お食事の提供を中止し、飲み物も瓶入りのみにするといった対応も検討してまいりましたが、懇談の時間の短縮も考えなくてはならない現状では、和田誠さんと親交の深い方たちが大勢集い、偉大な和田さんの足跡を振り返りながら、楽しく語り合うという、会の目的を実現するのは難しいと判断いたしました」と苦渋の決断であったことを説明。会は、後日あらためての開催を検討しているという。

 和田さんの妻で、料理愛好家でタレントの平野レミ(72)は「夫が天国に行ったのは、昨年10月7日。奇しくも、日本中が前代未聞の大嵐に注目している最中でした。夫は、自分が目立つことを嫌いました。この時期に会が予定されていたのも、そんな夫のイタズラとしか思えません。会の中止はとても残念ですが、いずれまた、別のカタチで気持ちよく再会できる日が来ることを願って。引き続き見守っていただけたら幸いです」とコメントを寄せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月27日のニュース