橋本マナミ、第1子妊娠 7月末に出産予定「優しくてセクシーなママ」に

[ 2020年2月27日 05:31 ]

第1子を妊娠していることが分かった橋本マナミ(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 タレントの橋本マナミ(35)が第1子を妊娠していることが26日、分かった。現在安定期で7月末に出産予定という。昨年11月27日に1歳年下の勤務医と結婚。「平成の団地妻」「国民的愛人」から「令和の人妻」となった橋本に今度は“セクシーママ”転身の期待が高まりそうだ。

 おめでたが分かったのは、結婚直後の12月上旬。体調不良が続いたことから病院へ行ったところ、妊娠初期と告げられた。周囲の祝福を受け、新婚の幸せを実感していた頃、赤ちゃんを授かる大きな喜びが加わった。

 スポニチ本紙の取材に「妊娠が分かった時、うれしいという気持ちと同時に新しい命が宿っていることに感動して泣きました」と予期しなかった喜びを語る。現在は少しふっくらしたおなかに時折手を当て、ひと足早くママの顔になって元気に生まれてくることを願っている。

 交際自体が一度も報じられることがなかった結婚で当時、世の中のおじさまたちに「愛人ロス」を巻き起こした。だが、本紙の取材で、勤務医の夫と交わした(1)女優OK(2)グラビアOK(3)朝の見送りなし――の婚前契約が明らかになると、ファンの間で「セクシーショットが必要な時には必ずやってくれるはず」と安どの声が上がっていた。

 出産予定は東京五輪の開幕時期。日本中がもり上がる夏に橋本は同じ干支(えと)・子(ね)年の五輪ベビーを抱くことになる。目指すママ像は「優しくてセクシーなママ」で“ママでもセクシー”を宣言。令和の新たな母親の姿を見せてくれるはずだ。

 ◆橋本 マナミ(はしもと・まなみ)1984年(昭59)8月8日生まれ、山形県出身の35歳。97年に全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞し芸能界入り。グラビアのほか、女優としても活躍。16年NHK大河ドラマ「真田丸」、18年のNHK連続テレビ小説「まんぷく」、映画「光」(17年)など出演多数。映画「癒しのこころみ」が今夏公開予定。日台合作映画「越年Lovers」(9月公開予定)で主演。1メートル68、B86・W60・H88。血液型AB。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月27日のニュース