マツコ 思わずポロリ「インスタやってなくて良かった」ワケ

[ 2020年2月14日 11:56 ]

マツコ・デラックス
Photo By スポニチ

 タレントのマツコ・デラックス(47)が13日放送のフジテレビ「アウト×デラックス」(木曜後11・00)に出演。思わず「インスタやってなくて良かった!」ともらす場面があった。

 この日はゴミへの異常な執着を明かす女優・藤田朋子(54)が登場。藤田は「資源ごみの捨て方に…厳しい?そうですね。ゴミをなるべく小さくしてゴミ袋に入れない」とこだわりを告白。「もしかして同じような人もいるかもしれないってインスタも立ち上げたんです。全然(フォロワーが)増えないんです…」とボヤキ、笑わせた。

 マツコも「私も結構ね、(ゴミを)出来るだけ小さくして捨てるんです。紙の箱とかも全部折りたたんで、セロテープで止めるんです私は資源ごみというか、より隙間をなくしてゴミを出したい」と告白。ここに「俺、ゴミ係になったから…」と矢部も参戦し、「大きい封筒とか捨てられている気になって、半分に切って入れたらいいのにって、気付いたら自分で切ってた」と明かし、ゴミへのこだわり明かした。

 マツコはお菓子などの空き箱があった場合、まずその箱をゴミ箱にし、それがいっぱいになったらふたをして捨てるといい、藤田も「同じ」と同意。これには、マツコは「一緒だった…怖い…」と苦笑するばかり。

 さらに藤田が「なるべく平らにするのが基本。重ねられれるやつは重ねる」とポリシーを熱弁。藤田のインスタにアップされた実際にゴミをまとめた画像が紹介されると、マツコがプライベートで行っているゴミのまとめ方と次々と一致する展開に。藤田が「ほらほら、なんだ、もう私たち、お仲間じゃない!」と大喜びすると、マツコは「良かったぁ、インスタやってなくて良かった」と本音をもらし、スタジオを笑わせた。

 藤田がマツコの賛同に「本当に感動してます。ここでサークル作りたいぐらい。たまにオフ会やりたい」とアプローチをかけるも、マツコは「サークルは結構です。個人プレーで。それ(オフ会)も結構です」とつれない態度だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月14日のニュース