藤井道人監督に日本映画優秀賞「評価されて本当に光栄」

[ 2020年2月14日 05:30 ]

2019年(第74回)毎日映画コンクール表彰式 ( 2020年2月13日 )

壇上で笑顔の各賞受賞者(左から)鈴鹿央士、池脇千鶴、成田凌、藤井道人監督、石川慶監督、風吹ジュン、シム・ウンギョン、吉澤健、関水渚(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 「新聞記者」で日本映画優秀賞の藤井道人監督は「映画を皆さんに見ていただいて、このように評価されて本当に光栄です」と笑顔でトロフィーを受け取った。

 東京新聞記者の望月衣塑子氏のノンフィクションを原案に、大学新設計画の裏に潜む陰謀を暴こうとする記者と、官僚との対峙をスリリングに描いた。女優主演賞のシム、河村光庸プロデューサー(70)とともに登壇し「スタッフ、キャストの皆さまと力を合わせて、助けてもらって作りました。これからも日本映画に貢献できるように精進してまいります」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月14日のニュース