NHK、出演者に“違法行為なし”書面要求 新年度の番組キャスター交代も発表

[ 2020年2月14日 05:30 ]

桑子真帆アナ(左)と和久田麻由子アナ
Photo By スポニチ

 NHKは13日、都内で定例会見を行い、番組出演者の謹慎や逮捕などが相次いだことへの対応策を発表した。

 スポニチ本紙既報通り、4月以降の定時番組のレギュラー出演者について、違法性が疑われる行為と無関係であることを確認する文書を交わす方針。木田幸紀放送総局長は「正式な契約書を交わす前に、違法薬物や反社会的勢力と関わりがないことを確認する書面を提出してもらう」と説明した。

 会見では新年度の番組キャスターの交代も発表。「おはよう日本」に出演中の和久田麻由子アナウンサー(31)と「ニュースウオッチ9」の桑子真帆アナ(32)が入れ替わる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月14日のニュース