加藤紗里「本当にわざとではありません」 生配信での“放送事故”で釈明

[ 2020年2月14日 12:48 ]

タレントの加藤紗里
Photo By スポニチ

 第1子妊娠中のタレント加藤紗里(29)が14日、自身のインスタグラムを更新。前日、自身のYoutubeチャンネルで子供の父親の名前を口走った“放送事故”について「本当にわざとではありません」と主張した。

 「昨日の放送事故に馬鹿すぎて自分にあきれています」と切り出した加藤。「記事が報じていた通り相手に関しては、キッズYouTuberとゆう肩書きがある以上、2年ほどの間存在を隠すかのように殿方殿方といろんな方をアップしてきました。殿方は殿方なのでみなさんを騙していたわけではありませんが申し訳ありません」と弁明した。

 「そしてそれほどまでに存在を守ってきたなにもかかわらず紗里が馬鹿すぎるがゆえの昨日の放送事故、、、昨日の件に関してはわざととゆわれたりしていますが、本当にわざとではありません」と故意ではないと主張。「ライブ配信が終わったあとのコレコレさんとだけの2人のLINE通話だと思ってました、、、おかげで4500件以上の知らない人からのLINE追加きました、、、反省してネットをしっかり勉強させていただきます。。。」とつづった。

 加藤は12日にインタビュー記事で、結婚前までユーチューバーと交際していたことを告白。13日のユーチューブの生配信で子どもの父親について追及を受け、思わず名前を口走るハプニングがあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月14日のニュース