田代まさし被告、初公判で起訴内容認める「トイレで覚醒剤拾い、チャンスと…」

[ 2020年2月14日 05:30 ]

タレントの田代まさし
Photo By スポニチ

 自宅で覚醒剤を使ったなどとして、覚せい剤取締法違反(所持、使用)と大麻取締法違反(所持)の罪に問われたタレント田代まさし(本名政)被告は13日、仙台地裁の初公判で起訴内容を認めた。検察側は懲役3年6月を求刑し、即日結審した。判決は3月4日。

 検察側は冒頭陳述で、被告が取り調べで「昨年8月から再び覚醒剤を使用するようになった」と供述したと明らかにした。被告は検察側から薬物の入手経路を問われ「反社会的勢力の人に耳元で“あるぞ、どうする”と聞かれ入手した。昨年10月にはバイクイベントの仮設トイレで覚醒剤を拾い、チャンスと思ってしまった」と述べた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月14日のニュース