玉川徹氏 新型コロナウイルス対策に「PCR検査を希望者全員が受けられるような態勢を早急に」

[ 2020年2月14日 12:56 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の玉川徹氏が14日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。感染が広がる新型コロナウイルスを高精度で検出するPCR検査について言及した。

 玉川氏は、感染について「軽症かどうかも分からないわけですよ。つまり感染しているのかどうか分からなかったら自分が今回の新型コロナの軽症者なのかどうかも分からない。だからとにかくPCR検査を希望者全員が受けられるような態勢を早急に構築するってことがすべての基本」と指摘。その上で「昨日の時点でもまだ加藤厚労大臣が民間でやるにはスキルがどうのこうのって話をしているんですけど私、取材しました。で民間の検査会社の人にもお話うかがいましたけれど、民間の検査会社はスキルが低かったら、それで何かの間違いがあったら倒産しますと。国立感染研究所で間違いあってもその人は失職もしない。だから民間のスキルが低いなんてことはありませんっておっしゃってたんで、一刻も早く民間を活用して誰もが受けられる状況っていうのをつくると。そうじゃない限り軽症者は自宅にいてくれってこともできないし、重症者に病院に行ってくれってこともできないし、まずそこだと思います」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月14日のニュース