岡村隆史「クスリあかん」 同郷の槇原敬之容疑者に「やっぱり使う人は使おうてまう」

[ 2020年2月14日 10:46 ]

お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(49)が13日のニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)で、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたシンガー・ソングライター槇原敬之容疑者(50)について触れ「クスリあかん」と訴えた。

 冒頭で「マッキーが2回目ですか…2回目のおクスリということで…今日の夕方ぐらいにニュースで流れてきたんですけど。2年ぐらい前やねんね、2年くらい前の所持。2年も前のことで今、逮捕ってことは、よっぽど裏付け捜査であるとか、間違いないっていうのを2年間でいろいろ積み重ねてきて多分逮捕という運びとなったんでしょうけど」と事件について感想を述べた。

 さらに薬物事件で有罪判決を受けた芸能人の再犯について、「マーシー(田代まさし被告)然り、なかなか止められるもんじゃないということなんでしょうね、これね」と指摘。「今日も僕、NHKにいたんですけど、なかなかのバタツキ加減がありましたよ。作詞、作曲できて歌も歌えるわけですから、いろんな問題が多分また生じているんでしょう」と芸能界へさらに波紋を広げそうだと推察した。

 槇原容疑者との共演について、「どれくらいの時に仕事したかなと思ってて」と振り返り、「関西ローカルの番組にゲストで来てくれはった。2年経つかな、経たへんかな~」と当時の様子を紹介。ともに大阪府茨木市出身のため「〇〇なくなってますよー」「えーッ」などと「めちゃくちゃ地元の話で盛り上がった」という。

 「それが2年の間なのか、もっと3年くらい前なのか定かではないんですけど。一緒に仕事したなと思ってたんですけど。どっかで普通に仕事してたら忘れるじゃないですか。この人、以前覚醒剤で捕まった、そういうのあったな~と仕事してるときは思えへんけど」と。「こんだけ、やっぱリスキーやってなってても、やっぱり使う人は使おうてまうねんな~。怖いで~」と薬物の危険性を語った。

 「これからどうなんでしょう。(起訴され、有罪判決となれば)実刑ですよね、おそらく。実刑食らうのかな~分からへんけど」との観測を述べ、「なかなかやめれるもんやないねんな~」とコメント。「一貫して私言ってますけど、クスリあかんってずっと言ってきてますから。あかんもんはあかん。それは口をすっぱくなるほど言っておきますけど」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月14日のニュース