槇原容疑者、逮捕…移送された東京湾岸署は芸能人“御用達”

[ 2020年2月14日 05:30 ]

槇原敬之容疑者 覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕

湾岸署前に集まった大勢の報道陣
Photo By スポニチ

 槇原容疑者が移送された東京・台場の東京湾岸警察署は、薬物事件で逮捕された芸能人の“御用達留置場”となっている。今月6日に有罪判決を受けた沢尻被告、昨年は俳優の瀧、田口も同署だった。09年の元アイドル歌手、14年の元男性デュオの人気歌手、16年の清原和博氏(52)と大物も。

 捜査関係者によると「2008年にできた湾岸署は留置場が新しく、周囲に建物がない。報道陣がたくさん集まっても混乱が起きにくい」という。女性専用の留置場がある警察署が限られているため、女性は同署に送られることが多い。田口やピエールを逮捕した関東信越厚生局麻薬取締部(通称マトリ)は留置施設を持たないという事情もある。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月14日のニュース