玉川徹氏 和歌山県の病院受診、70代男性の新型コロナウイルス感染に「院内感染が一番怖い」

[ 2020年2月14日 10:05 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の玉川徹氏が14日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。和歌山県が同日に新型コロナウイルスに感染した男性医師が勤務する済生会有田病院を受診した70代の日本人男性も、新たに感染が確認されたと明らかにしたことに言及した。

 70代の日本人男性肺炎の症状があり、重症という。

 玉川氏は「院内感染が疑われる。院内感染が一番怖いわけですね。だってこの70代の方、病院に行ってたっていうふうなことは何らかの病気があって病院に行っていたはずですからそういうふうな基礎疾患のあった方が感染して重篤になっているってことですもんね」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年2月14日のニュース