Matt 音楽でも存在感 大手との契約は固辞「自分のやり方で発信していきたい」

[ 2020年1月23日 14:11 ]

美白美容液「アバンタイム」新商品発表会に出席したMatt
Photo By スポニチ

 野球解説者・桑田真澄氏(51)の次男でアーティストのMatt(25)が23日、都内で行われた美白美容液「アバンタイム」新商品発表会に、イリュージョニストのミステリー9(Aiand Yuki)とともに出席した。

 17日放送のテレビ朝日「ミュージックステーション」(金曜後9・00)に出演し、自身が作詞作曲を手がけた「予想もつかないStory」を披露。衝撃の美声をテレビで初披露して世間を驚かせたが、出演した感想を聞かれたMattは「1番長くやってきたのが音楽で、ずっと音楽をやりたかったので、タイミングを見失ったというか(笑)、いつ音楽を出そうかなと思っていて、クリスマスにYouTubeで出させてもらって、そのあとテレビだったので、早いタイミングだったんですけど、自分の中ではパーフェクトなタイミングだったなと思うので嬉しかったです」と声を弾ませた。

 メジャーデビューの話などは来ているかと追求されると「いろいろありますけど、いまの時代だからこそ、発信は自分でできると思うので、大きなものに頼るのではなく、自分が考えていることや、作ったものを自分のやり方で発信していきたいので、大きな事務所に入るとかはないです」と打ち明けた。

 美容系のイベントに呼ばれることが多くなったMattだが「嬉しいですね。1、2年目のときはあまりいいイメージを持たれていなかったんですけど、去年から自分が思っていることだったり、美容に対しての心がけを発信していって、それが伝わっていったからこそ、こういうイベントに呼んでいただく機会が増えたので、美容がお仕事につながってよかったです」とニッコリ。自身は高校生の頃から日焼け止めを使い、シミが1つもないそうで、同商品の使い方について聞かれると「これから父に使いたいなと思います。ゴルフや野球をやるので、日に浴びる時間が長いとシミがたくさん出てくるので、寝ている間に内緒で塗ろうかな」と企て、「4月1日が(桑田氏の)誕生日なので、それに向かってケアしていこうかなと思います。僕からのプレゼント!」と笑顔を見せた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月23日のニュース