民放連会長 五輪中継へ「あらゆる担当者が一丸」 種目割り振りは「間もなく発表」

[ 2020年1月23日 14:16 ]

 日本民間放送連盟(民放連)の大久保好男会長(日本テレビ会長)は23日の定例会見で、東京五輪・パラリンピックに向けて「あす24日で、ちょうど開幕半年前を迎えます。民放はNHKさんと協力しながら今、編成、制作、技術、インターネットなど、あらゆる担当者が一丸となって準備を進めている」と述べた。

 また、「4Kや配信など技術革新の成果を取り込みながらオリンピック・パラリンピックの素晴らしさを伝え、合わせて日本の自然や文化、魅力を世界に発信していければ」と力を込めた。

 民放各局が、どの種目を中継するかについては「民放も間もなく発表できると聞いている」と、近く正式発表の見通しを示した。

 NHKは前日22日、開会式や閉会式、陸上男子100メートル、野球やサッカー男子などの決勝などを中継することを発表している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月23日のニュース