東京MXのランボルギーニ騒動 民放連会長「説明責任を果たされるのでは」

[ 2020年1月23日 14:42 ]

 日本民間放送連盟(民放連)の大久保好男会長(日本テレビ会長)は22日の定例会見で、東京MXテレビが昨年放送したバラエティー「欲望の塊」の優勝賞品だったランボルギーニの超高級車が収録から1年たっても優勝者に届いていない問題について言及。「MXテレビが、まずはしかるべき時期に説明責任を果たされるのではないか」と述べた。

 「私の立場から個別の番組について、これ以上のコメントは控えたい」とした。

 東京MXテレビは同番組が「外部からの企画持ち込み及び制作により放送したもの」とした上で、「当社が制作著作権を保有しない番組でありますが、放送責任は当社にあると考えております」と責任を認めている。さらに「制作過程のチェックや優勝賞品の受け渡しが完了したのかを確認するべきだった」としている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月23日のニュース