東出昌大 杏と別居“不倫”離婚危機「ひたすら後悔にさいなまれ苦しんで」

[ 2020年1月23日 05:30 ]

俳優の東出昌大(左)と女優の杏
Photo By スポニチ

 女優の杏(33)と俳優の東出昌大(31)夫妻が、東出の不倫が原因で別居していることが22日、分かった。文春オンラインが同日報じた。2015年元日の結婚から5年あまり、芸能界きってのおしどり夫婦が離婚の危機を迎えている。

 スポニチ本紙の取材によると、知人は「第3子を妊娠中の時の不倫で、子供もまだ小さいのにこれ以上の裏切りはない。杏さんは悲しみにくれている。心配になるくらい落ち込んでいる」という。

 別の関係者によると、1メートル89の長身イケメンの東出は「お酒が大好きでよく飲む。共演者にフランクに接するし、本当にモテる」と説明。プライベートでの女性人気も高いという。

 16日に始まったばかりのテレビ朝日の主演ドラマ「ケイジとケンジ~所轄と地検の24時~」(木曜後9・00)では正義の担い手である検察官役で出演。同局では「今後の放送予定に変更はありません」としている。

 双方の所属事務所が別居の事実を認める異例の事態。東出の所属事務所はマスコミ各社に宛てたファクスで文春報道を「ほぼ事実」と認めた。その上で「責任の重さ、失ったものの大きさを実感し、ひたすら後悔にさいなまれ苦しんでおります」と東出の現状を報告。「離婚へ向かうものではなく、なんとか修復へのステップを踏むための冷却期間と聞いております」と、東出が夫として1男2女の父親として信頼を取り戻す努力をしていくとしている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月23日のニュース