近藤春菜 “不倫報道”東出側のコメントに「自業自得…東出さんが苦しいっていうのは正直どうでもいい」

[ 2020年1月23日 08:45 ]

「ハリセンボン」の近藤春菜
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(36)が23日、MCを務める日本テレビ「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。女優の杏(33)と俳優の東出昌大(31)夫妻の別居報道ついて言及した。

 春菜は「こういう不倫報道が出た時は、本人、当事者の問題ですし、何も言えることはないんですが、ほぼ事実っていうことで事務所からのファクスが出たので言わせていただきます」とした上で「ファクスの中で『ひたすら後悔にさいなまれ苦しんでおります』っていう一文があった。そこに違和感を感じた」と指摘。「3年という期間で不倫という関係にあって、魔が差してやってしまったという期間ではない。長い期間だと思う」と語った。

 続けて「報道によるとですけど、杏さんが妊娠中だった。一番苦しいのって、杏さんだったと思う」と述べ「キツイ言い方だけど、自業自得にもかかわらず、東出さん側から『苦しんでいる』っていう表現をしてほしくなかった。苦しんでいるのは杏さんであって、杏さんとどう向き合って、どう謝罪して、真摯に世間の皆さんとも向き合っていくかっていう言葉が欲しい」とコメント。 「『苦しい』って言葉は一番使っちゃいけない。東出さんが苦しいっていうのは正直どうでもいい。自分がまいた種なので」と苦言を呈していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月23日のニュース