古市憲寿氏 東出の不倫報道で持論「いろんなことがあって演技に深みが出てんのかなって…」

[ 2020年1月23日 12:32 ]

フジテレビ社屋
Photo By スポニチ

 社会学者の古市憲寿氏(34)が23日、フジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。女優の杏(33)と俳優の東出昌大(31)夫妻の別居報道ついて言及した。

 双方の所属事務所が別居の事実を認める異例の事態。東出の所属事務所はマスコミ各社に宛てたファクスで文春報道を「ほぼ事実」と認めた。その上で「責任の重さ、失ったものの大きさを実感し、ひたすら後悔にさいなまれ苦しんでおります」と東出の現状を報告。「離婚へ向かうものではなく、なんとか修復へのステップを踏むための冷却期間と聞いております」と、東出が夫として1男2女の父親として信頼を取り戻す努力をしていくとしている。

 古市氏は「東出さんと杏さんはお子さんが3人いて、しかも3歳と2歳かな。すごく小さいんで育児に東出さんがどれくらい参加したかってことはちょっと気になるし、そこはもしも参加してなかったら責められてもいいと思うんですけど、ただ不倫の問題は別かなって思ってて」と持論を展開。「東出さんってもともと演技がロボットっぽくて違和感があったのが、最近ちょっと変わったのは、もしかしたら不倫とかいろんなことがあって演技が、深みが出てんのかなって思って、だったらそれはそれとして役者さんとしては悪くないのかなって」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月23日のニュース