田崎史郎氏 公職選挙法違反疑惑の河井克行前法相に「非常に態度が悪い…この野郎って気持ちになる」

[ 2020年1月23日 15:29 ]

TBS社屋
Photo By スポニチ

 政治ジャーナリストの田崎史郎氏が23日、TBS「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に出演。公職選挙法違反疑惑で大臣を辞任した河井克行前法相、菅原一秀前経済産業相について言及した 。

 番組では、22日の衆院本会議の模様を伝え、背筋を伸ばして代表質問に聞き入る菅原氏と、疲れた様子で目を閉じている河井氏の姿などを放送した。番組によると、本会議後、河井氏は記者の「ご自身の公職選挙法違反について一言お願いします」「コメントいただけませんか」「本会議中に寝ているようにも見えましたが」「国会議員の責務を果たしていますか」という問いに何も答えなかったという。

 田崎氏は「(河井氏は)非常に態度が悪いですよね。寝ているように見える。せめて菅原さんみたいに起きてないと“この野郎”って気持ちになる。もともとどっちが嫌われているかって言うと、河井さんの方が(党内で)嫌われているから。菅原一秀さんはいろいろ問題あっても仕事を一生懸命やるっていう評価に対し、河井さんはそういうプラス面の評価があんまりない人。安倍総理なり菅さんは総裁選の時、世話になっていてあまり言いませんけど、そうじゃない党の人は二階幹事長を含めてかなり厳しい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2020年1月23日のニュース