加藤みどり サザエさん声優50年でギネス世界記録認定

[ 2019年11月18日 05:30 ]

「サザエさんウィーク発表会」に出席した加藤みどり(左)と天海祐希
Photo By スポニチ

 フジテレビの国民的アニメ「サザエさん」で主人公フグ田サザエの声を務めている声優の加藤みどり(80)が17日、「同一のアニメ作品のキャラクターを最も長く演じてきた声優」としてギネス世界記録に認定された。都内で「サザエさんウィーク」発表会に出席し「フジテレビがつぶれなくて良かった。人生100年なので、あと20年は稼ごうかなと思います」と喜んだ。

 加藤は1969年10月5日の初回放送から、50年間サザエの声を担当してきた。番組も今年10月6日に放送50年と1日を迎え「最も長く放映されているテレビアニメ番組」として、13年に認定されたギネス世界記録を更新した。

 この日は作品の20年後の世界を実写で描くスペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」(24日午後8・00)でフグ田サザエ役を演じる女優の天海祐希(52)も祝福に駆けつけた。「加藤さん、ギネス世界記録更新されましたね。凄いことです」と花束を手渡した。

 イベントでは2人のトークショーも行われた。天海はサザエを演じるにあたり「日本で最も有名な家族の一つなので、プレッシャーもありました」と心境を吐露。加藤は「天海さんと言われた時は驚いた。かっこよすぎると思ったんです」としつつ「本当の美人は心や性格が明るく楽しいことを言うそうですから、サザエさんは美人。だから天海さんには期待しています。ぜひぜひ、この日本の美人を見てください」と太鼓判を押した。

 同局では、番組の放送50周年を記念し、18日から1週間「サザエさんウィーク」がスタートする。「サザエさん」に関連したさまざまな特番や、他番組とのコラボが行われる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月18日のニュース