赤江珠緒 沢尻エリカ容疑者逮捕に「なんてことを…」12年前に「1日限りの出会い」

[ 2019年11月18日 17:25 ]

赤江珠緒アナ
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの赤江珠緒(44)が18日、自身がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「たまむすび」(月~金曜後1・00)に生出演。合成麻薬MDMAを所持したとして、麻薬取締法違反の疑いで警視庁組織犯罪対策部に逮捕された沢尻エリカ容疑者(33)について言及した。

 2007年10月、当時自身が司会を務めていた情報番組「スーパーモーニング」で、沢尻容疑者の涙の独占インタビューを行った赤江。この日、「12年前に人のね、過失、失敗みたいなことにたまたま立ち会う機会があってお話して、1日限りの出会い」と振り返った。

 「後にあれどうだったんですか?と色々なところから聞かれたんですけど、そこに便乗して、ああでしたこうでしたとしゃべるのは失礼だと思ったから、それに関してはしゃべらないっていうことで、ずっときたんです」。
 
 「インタビュー自体もすごい長い時間をとってしゃべったんです。最初はなかなか心を開いてくれないようなところもあったんだけど、段々話してるうちに色々とポツリ、ポツリと話してくれるようになって」とし、続けて「その時、今以上に若い時に世間からバッシングされて、いろんなものと闘ったり、人には見えないところで背負ってるものも多いんだろうな。いっぱいいっぱいの部分も多いんだろうなぁ、若いのにって思って」と当時の印象や、自身の心境を口にした。

 逮捕報道後、初めての生放送。「あれ以来、1度もお会いしていないし、その後、色々なことがおありになって。何があったかも分からないから何とも言えないですね。もっと近しい方がお話すべきだと思うけど、残念ですね」としつつも、「NHKさん含め、多大な迷惑をかけて。せっかくここまでコツしてきたのももったいないし、そのもったいなさを自分で感じて欲しいですよね。頑張ってきた部分あるのに、なんてことをね…」と嘆いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月18日のニュース