俳優の依田英助さん、8月に死去 91歳 肺炎による心不全 特撮、アニメなど声優でも活躍

[ 2019年11月18日 14:12 ]

 俳優の依田英助(よだ・えいすけ)さんが8月29日に、肺炎による心不全のため死去したことが18日、分かった。91歳。所属する東京俳優生活協同組合が15日に公式サイトで発表した。

 「令和元年8月29日(木)13時10分 肺炎による心不全のため永眠いたしました。享年91。通夜葬儀に関しましては、親族の意向により、近親者のみにて相済ませました。ここに生前のご厚誼に深謝するとともに、謹んでご通知申し上げます」と報告した。

 依田さんはテレビドラマ、映画、舞台などで俳優として、特撮やテレビアニメでは声優として幅広く活躍した。NHK大河ドラマ「風と雲と虹と」「葵 徳川三代」などに出演。特撮では「超人機メタルダー」「仮面ライダーBLACK」「世界忍者戦ジライヤ」など、怪人役を中心に味のある声で魅力的な作品づくりに貢献した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月18日のニュース