加藤浩次、沢尻容疑者の“二面性”指摘「夜はクラブでクスリ、仕事は良い顔…」

[ 2019年11月18日 09:42 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(50)が18日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に生出演。合成麻薬MDMAの所持容疑で16日に逮捕された女優沢尻エリカ容疑者(33)について言及した。

 沢尻容疑者について「ヤンチャなイメージ」があるとしつつ「色々あって落ち着いて、仕事を頑張ろうとしているって世の中には見えていたと思う」と加藤。その上で「夜はクラブに行ってクスリをやっている。仕事の時は良い顔をしている。この二面性になっていただけのような気がする」と指摘。沢尻容疑者がクラブ通いしていたことにも触れ「クラブが全てだとは言いませんけど、そういう場所にいるということは間違いないと思います」と持論を語った。

 さらに「本人が10代とか20代の前半から遊びでやっている延長になっているんじゃないのかな。芸能人が沢尻容疑者をちやほやして、入手ルートみたいなやつらも寄ってくる。それで、“自分だけは大丈夫”みたいな間違った感覚をずっと持ってきてこうなったんじゃないかな。以前から使用していたっていう本人の自供もあるから、そこは本人の甘さもあると思う。立場を分かっていないというか、日常の中に合成麻薬が入り込んでいたっていう気がする」とまくし立てた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月18日のニュース