小柳ルミ子 沢尻容疑者逮捕でNHK大河スタッフにねぎらい「気の毒で可哀想で涙が…」

[ 2019年11月18日 20:19 ]

小柳ルミ子
Photo By スポニチ

 歌手の小柳ルミ子(67)が18日、自身のオフィシャルブログを更新。合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された、沢尻エリカ容疑者が出演予定のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」のスタッフをねぎらった。

 沢尻容疑者は織田信長の正室・濃姫役を演じ、初回放送から登場する重要な役どころ。編集が事実上不可能と言われており、NHKは代役を立てての撮り直しを検討している。小柳はこの日のブログタイトルを「NHK大河のスタッフが気の毒でならない」とし、「来年の大河ドラマ、もう夏前から撮影している。私が出演した『西郷どん』もそうだった」と明かした。
 
 「沢尻エリカ容疑者の逮捕により、NHKのスタッフ、キャストの皆さんがどんなに苦しめられているか」とし、続けて「人事とは思えない。考えただけでも胸が痛い。気の毒で可哀想で涙が出る」と心情を吐露。最後は「厳しく、辛い船出となってしまったが、どうかどうか頑張って下さい」とエールで締めくくった。

 小柳は2018年に放送された大河ドラマ「西郷どん」に出演。西郷の運命を揺るがす薩摩藩のお家騒動を起こす、島津斉興の側室、由羅役を演じた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月18日のニュース