橋下徹氏 沢尻容疑者に「もう一回頑張って」も木村太郎氏、八代弁護士猛反論

[ 2019年11月18日 12:31 ]

橋下徹氏
Photo By スポニチ

 元大阪市長で弁護士の橋下徹氏(50)が17日、フジテレビ情報番組「Mr.サンデー」(日曜後10・00)に出演。合成麻薬MDMAの所持容疑で16日に逮捕された女優沢尻エリカ容疑者(33)に「もう一回頑張ってもらいたい」とエールを送る場面があった。

 橋下氏は「薬物に関しては厳しい社会を望みます」と前置きしたうえで「ただ、被害者のない犯罪であることも間違いない。芸能界で力を持っている女優さんであることは間違いないから、甘いと言われるかもしれないが、きちっと厳罰で社会的制裁を加えて、薬物依存を断つプログラムをきちっとやって、もう一回頑張ってもらいたい」と話した。

 これには異論が続出。ジャーナリストの木村太郎氏(81)は「被害者はいないと言ったけど、いっぱい被害者はいる。NHKでしょ?コマーシャルの会社でしょ?映画撮ったところでしょ?何億って被害が出る」とキッパリ。「芸能人として資格ないですよ!別に…なんて言ってられない」と厳しい言葉をぶつけた。

 橋下氏は「お金の問題だったら、お金で解決したらいい。人生失敗ありますよ。僕だって失敗がある。そこは、薬物依存を断ったうえで、チャンスは与えるべきだと思う」と話すも、これにも木村氏は「この人は何度もチャンスを与えられてきてこうなってきている。お騒がせ女優女優がまたお騒がせか!ということ、結局は…」。タレントで弁護士の八代英輝氏(55)も「復帰の議論をするのは早すぎる」と斬り捨てた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月18日のニュース