王将リーグ19日注目の広瀬竜王―藤井七段戦 大盤解説会の緊急開催が決定 

[ 2019年11月18日 16:01 ]

広瀬章人竜王(左)と藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 第69期大阪王将杯王将戦(主催=毎日新聞社・スポーツニッポン新聞社、特別協賛=大阪王将、協賛=囲碁将棋チャンネル)の挑戦者決定リーグは明日19日、最終の一斉対局が将棋会館で行われる。

 ここまで4勝1敗の同率で並ぶ広瀬章人竜王と藤井聡太七段は、明日の直接対決で勝利した方が渡辺明王将への挑戦者に名乗りをあげる。

 藤井七段が勝てば史上最年少でのタイトル挑戦となる、この注目対局の大盤解説会が、日本将棋連盟・佐藤康光会長らの解説で緊急開催されることになった。

 会場はマイナビルーム(東京都千代田区一ツ橋1丁目パレスサイドビル2F=東京メトロ東西線竹橋駅1B出口直結)。

 19日(火)17時開場、17時30分開始(終局まで解説予定。ただし対局が長引いた場合は途中終了する場合あり)。

 料金は一般2500円(女性・高校生以下・障がい者・将棋連盟支部会員は2000円。会員証や学生証等の提示が必要)。

 解説は佐藤康光九段と森下卓九段が務める。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月18日のニュース