伊集院光、“文句を言うとなんとかしてくれる会社”に苦言「納得いかない。強く言う人だけみたいな」

[ 2019年11月18日 13:31 ]

タレントの伊集院光
Photo By スポニチ

 タレントの伊集院光(51)が18日、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜前8・30)に生出演。「文句を言ったらなんとかしてくれる系の会社」に、苦言を呈した。

 飛行機で仕事に向かおうとした時のこと。自身が搭乗する飛行機の出発が遅れるとの情報が入り「結構な時間。30~40分ぐらい」待ったという。別の便に乗ろうとしたが「『割引のチケットだから前の便には変えられません』って言われて。それはしょうがないよルールだから」と説明を受けた上で納得したことを明かした。

 しかし、自身の便より後に出発予定で、同じ割引チケットを使っていた番組スタッフの話を聞いたところ「強いクレームで言ったんじゃないけど、腕を組みながら『困ったな~仕事に支障が出ちゃう』って言ったら『一個前の便に乗れます』って…」と案内されたという。

 伊集院は「飛行機系はこういうの多いけど、文句言うとなんとかなるのやめた方がいいって。それで世の中どんどん悪くなるから、文句言ったらなんとかしてくれる系の会社は、自分の首を絞めていると思う」と苦言。「より強く言う人だけみたいな。全然納得いかないし、正直次から言うようになるよね」と愚痴が止まらなかった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月18日のニュース