中日・高橋周が2年ぶりの本塁打 初回に先制1号ソロ 22年巨人戦以来725日ぶりの一発

[ 2024年6月13日 23:24 ]

交流戦   中日4-9日本ハム ( 2024年6月13日    エスコンフィールド )

<日・中>初回、先制ソロを放った高橋周(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 中日・高橋周が2年ぶりの本塁打を放った。

 初回2死で日本ハム先発・福島のフォークを巧みにすくい上げ、右翼へ先制の1号ソロ。技ありの一発に「うまく引っかかってくれた。良かった」と振り返った。

 本塁打は22年6月19日の巨人戦以来だ。昨季は86試合で0本塁打。プロ12年目でノーアーチは初だった。

 今季は開幕から主に3番打者として好調な打撃で存在感を示したが、4月中旬に三塁守備で右ふくらはぎを痛めて戦線を離脱。この遠征で1軍に復帰した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月13日のニュース