右肩痛でIL入りのメッツ・千賀がブルペンで30球 「今季中に復帰できるか?」の問いに「はい」

[ 2024年6月13日 19:41 ]

メッツ・千賀
Photo By スポニチ

 右肩を痛めて60日間の負傷者リスト(IL)に入っているメッツ・千賀滉大投手が12日(日本時間13日)、本拠地のシティ・フィールドでブルペン投球を行った。

 捕手を座らせて約30球。炎症を抑えるためのコルチゾン注射を受けてからは2度目のブルペン入りで、地元テレビ局SNYなどメディアの取材に千賀は「順調にいけていると思う。あとは傾斜に慣れていく作業」などと話した。

 カルロス・メンドサ監督は、実戦復帰は7月の球宴後になるだろうとの見通しを示している。千賀はメディアから「今季中に復帰できるか」と問われると「はい」と即答。さらに同じ質問をされ「僕の中ではそのつもりでいるのが一番かなと思います」と重ねて答えた。

 千賀はメジャー1年目の昨季、チーム投手の12勝をマーク。防御率2・98はリーグ2位で、今季はエース格としての活躍を期待されていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月13日のニュース