オリックス・田嶋 4回に一挙4失点 チームは7戦連続1失点以下も阪神打線に捕まる

[ 2024年6月13日 19:24 ]

交流戦   オリックス―阪神 ( 2024年6月13日    京セラD )

<オ・神>力投するオリックスの先発・田嶋(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 オリックス・田嶋が4回に捉えられた。

 2、3回と得点圏に走者を背負いながら無失点でしのぐも、4回先頭の原口に与えた四球から崩れた。1死後に豊田に左翼フェンス直撃の二塁打で二、三塁に好機を拡大されると、梅野を遊ゴロに打ち取るも紅林の本塁送球より原口の生還が間一髪先の判定。野選で先制点を献上した。

 さらに木浪に右越え適時二塁打、森下には左越え適時二塁打を献上。チームは7戦連続1失点以下と鉄壁ぶりを誇っていたが、この回だけで一挙4点を失った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月13日のニュース