西武 広島から現役ドラフトで移籍の中村祐が古巣相手に登板 広島ファンの熱い声援に「涙が出そうに」

[ 2024年6月13日 22:50 ]

交流戦   西武0―5広島 ( 2024年6月13日    ベルーナD )

<西・広>西武5番手でマウンドに上がった中村祐 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 昨年12月の現役ドラフトで広島から西武に移籍した中村祐太投手(28)が、初めて古巣相手のマウンドに上がった。

 0―5の9回に5番手で登板し、17球で3者凡退。「楽しかった」と振り返った右腕は、右翼スタンドを中心にした広島ファンからの熱い声援に「涙が出そうになって、うれしかった」と話した。

 11日には、勝利投手になった広島・床田が試合後のインタビューで左翼スタンドに向かって「西武ファンの皆さん、中村祐太をよろしくお願いします!」と頭を下げるシーンもあった。

 今季は13試合に登板して防御率・277。新天地で奮闘を続けている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月13日のニュース